シズカゲルは肝斑に効果ある?

シズカゲル肝斑
シズカゲルは、国内トップクラスの品質を誇る化粧品です。

 

累計販売も100万個を突破していて、敏感肌・乾燥肌の女性でも気軽に使えるオールインワンです。

 

そんなシズカゲルですが、30〜40代の女性の悩みの1つである肝斑にも効果あるのでしょうか?

 

肝斑があると顔全体の色をくすませて、一気に年を取った印象を与えてしまいます。

 

肝斑ができる原因をよく理解しながらお肌の状態の改善を目指すポイントをご紹介します。

 

そもそも肝斑とは?

シズカゲル肝斑
初めに肝斑について簡単に触れていきます。

 

肝斑とは顔の広範囲に発生するシミです。

 

左右対称にでき、薄い褐色かつモヤッとしたシミであるのが特徴です。

 

特に30〜40代の女性多く見られ閉経後に自然と治ることから、紫外線だけでなく女性ホルモンが影響していると考えられています。

 

また、摩擦による微弱炎症が肝斑を悪化させることから、肌をこすらないようにしなくてはいけません。

シズカゲルに含まれている成分は肝斑に効果ある?

シズカゲルの主成分は、ビタミンC誘導体とアルブチンとです。

 

これらには「今あるシミを薄くする効果」と「シミを発生させない効果」があります。

 

そのため継続して使用することにより肝斑を薄くしていくことができるでしょう。

 

肝斑を予防する方法は?

肝斑の原因は、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線などの外部からの刺激
  • 過剰なストレス

と言われています。

 

ホルモンバランスの乱れ

年を重ねるにつれホルモンバランスが崩れ、シミの原因となるメラニン色素の生成を活発化させる黄体ホルモンが優位になることから、シミができやすくなります。

 

紫外線などの外部からの刺激

メラニン色素の発生を活発にさせる紫外線や、洗顔・マッサージの際の強い摩擦等の刺激によってシミが発生し、そのシミの色が濃くなることで目立つように。

 

過剰なストレス

ストレスを過剰なほど受けることでホルモンバランスが乱れ、シミができやすくなります。

通常のシミの原因は紫外線によるものが大きいですが、肝斑は女性特有の悩みであったり、色々な原因が複雑に絡み合って発生します。なので対策方法も同時に複雑になってきますのでしっかり対策をとっていきましょう!

 

紫外線については、肌をこすらないことや日焼け止めによって防ぐことができますが、女性ホルモンについては閉経を待たないといけません。

 

そのため閉経までの間のうちに肝斑をなくしておきたいのであれば、美白クリームを利用し続けなくてはいません。

 

今まで危ないといわれてきたレーザー治療ですが、今日の医学の発達のおかげで肝斑にも有効な治療法ができてきています。

 

しかし、女性ホルモンが影響して発生するため根本解決にならないため、あえて高いお金を出して治療するよりも、継続的にケアできるシズカゲルなどの美白クリームを使う方がコスパも良いですね。

 

肝斑を消すのに最も効果的なのは?

 

シズカゲル肝斑
肝斑には、シズカゲルのような美白クリームも有効ですが、「トラネキサム酸入り」の内服薬を使うのが一番効果的です。

 

内服薬も継続的に使いつつ美白クリームを使っていくとシミも薄くしていきやすいでしょう!

 

しかし、いくら肝斑に交換ある成分の薬や美白クリームを使っていても、無理なダイエット、寝不足や喫煙などの生活習慣の乱れなどによって体にかかる負担が大きいと元も子もありません。

 

30代からの女性の身体はとてもデリケートなので、「女性ホルモンを良い状態で維持する」が大切になってきます。

 

・バランスの良い食事をとる。

 

・軽い運動などで身体の代謝能力をアップさせる。

 

・マッサージやストレッチを取り入れ、身体をリラックスさせる。

 

・たっぷりの睡眠で、肌の修復を助ける成長ホルモンの分泌を活性化。

 

・肌を荒らす原因となるタバコや大量の飲酒を控える。

 

といった点を気を付けることで、思い描いた美肌に近づくことができるでしょう。

 

シズカゲルに関する記事

 

シズカゲルの良い口コミvs悪い口コミ

 

シズカゲルの最安値は意外なとこ?